このページの本文へ

ソニーが、静止画キャプチャーアダプターを発表

1998年06月03日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 ソニー(株)は、ビデオカメラ、ビデオデッキ、テレビなどの動画を、デジタルフォーマットの静止画としてFDに保存する静止画キャプチャーアダプター『MaviCap』2機種、およびMaviCap専用小型カメラ『CCD-Z7』を発表、7月1日に発売する。

 MaviCapの上位機種『MVC-FDR3』は、2.5インチの液晶を搭載しているが、映像ケーブルを使用してテレビなどに静止画を映すことも可能。画像の再生は、一定間隔で自動再生する“スライドショー機能”も搭載されている。リチウム電池『NP-F950』で、液晶モニターを使用しない場合の連続記録時間は6時間、連続記録枚数は2000枚。価格は、MaviCap『MVC-FDR3』が6万2000円、同『MVC-FDR1』が4万5000円、『CCD-Z7』が2万5000円。



主な仕様

MaviCap
液晶モニター:2.5インチ8.4万画素TFT液晶(MVC-FDR3のみ)
記録フォーマット:JPEG
インターフェース:専用カメラ端子1基、映像(S映像)出力端子1基、映像(S映像)入力端子1基

CCD-Z7
CCD:27万画素、F1.8、f=3.9mm(35mm換算で37.4mm)
電源:DC4.5V(MaviCapより供給)
サイズ:幅52×奥行き90×高さ35mm
重さ:約135g

(報道局 佐藤和彦)

http://www.sony.co.jp/index-j.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン