このページの本文へ

米AMD、64bitコンピューティング環境“x86-64アーキテクチャ”のプログラマー向け概説資料を一般向けに公開

2000年08月10日 20時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本AMD(株)の報道資料によると、米AMD社は10日(現地時間)、64bitコンピューティング環境である“x86-64アーキテクチャ”のプログラマー向け概説資料“x86-64 Architecture Programmers Overview”を一般向けに公開したと発表した。
これは、ソフト開発会社のプログラマーなどがx86-64テクノロジーを、自社のOS、アプリケーション、ドライバー、開発ツールなどに取り込むためのインストラクションマニュアル。これを用いることにより、32bitコンピューティング環境から64bitコンピューティング環境にスムーズに移行できるという。x86-64アーキテクチャは、x86命令セットを拡張し、64bitの汎用レジスタを追加することにより、64bitのアドレス空間とデータ空間を持つ64bitアプリケーションに対応するほか、現行の16bit/32bitアプリケーションにも対応するという。なお、同アーキテクチャは、2001年12月に発表されるコード名“Hammer(ハマー)”プロセッサーファミリーに採用される予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン