このページの本文へ

NTT東日本とNTT西日本、IP接続サービスの名称を“フレッツ・ISDN”に変更

2000年07月18日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)と西日本電信電話(株)は18日、ISDN回線を経由してインターネットに接続する両社の定額制サービス(IP接続サービス)の名称を“フレッツ・ISDN”に変更すると発表した。欧文表記は“FLET'S・ISDN”で、呼称は“フレッツアイエスディーエヌ”となる。従来の呼称の“フレッツ・アイ”に類似した企業名やサービス名と混同される恐れがあることと、地域IP網を利用したサービスを拡充する際に、略称ではなく“ISDN”の表記を利用するほうが分かりやすいたとを、名称変更の理由として挙げている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン