このページの本文へ

IIJ、日米回線を増強――1Gbpsを超える1085Mbpsに

2000年07月06日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットイニシアティブは4日、日米間の国際バックボーン回線を775Mbpsから1085Mbpsに増強したと発表した。

今回の増強は、東京―パロアルト(PAIX)間を465Mbps(155Mbps×3)から775Mbps(155Mbps×5)に増速したもの。急激に増大するインターネットトラフィックを支えるために、同社では、'94年から約6年間で、約5600倍規模の日米間回線増強を行ない、今回の増強により総帯域が1Gbpsを超えることになったという。


IIJの保有する日米間国際バックボーン回線 (2000年7月4日現在)


日本側 米国側 回線帯域
東京 San Jose(MAE-WEST) 155Mbps
Palo Alto(PAIX) 775Mbps
(155Mbps + 155Mbps + 155Mbps + 155Mbps + 155Mbps) (*)
大阪 IIJ NY NOC 155Mbps
合計 1.085Gbps (1085Mbps)


(*):今回増強した回線

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン