このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

松下、ソニー、東芝の3社がデジタル放送用の蓄積型データ放送受信機の基本システム技術の検討で合意

2000年07月04日 00時00分更新

文● 編集部

松下電器産業(株)、ソニー(株)、(株)東芝の3社は7月3日、デジタル放送用の蓄積型データ放送受信機の標準化で、基本システム技術について3社が共同で検討していくことで合意したと発表した。

蓄積型データ放送受信機は、デジタル放送された音声、映像、文字などのデータを内蔵のHDDに蓄積し、好きなときに視聴できる装置。3社は、蓄積管理方式、コピープロテクション方式、課金方式など、蓄積型データ放送受信機に関連した技術のほかに、伝送方式や符号化方式など、蓄積型データ放送方式についても共同で検討するという。検討結果については、3社が別々に(社)電波産業会(ARIB)などに提案していくとしている。

また、3社は、本発表に併せて、デジタル放送受信機を中核とした放送と通信が連動するシステム“eプラットフォーム”について検討する準備会を、7月中に発足させると発表した。eプラットフォームは、BSデジタル放送、地上波デジタル放送、デジタルCATVなどのデータ放送サービスを、インターネットなどの通信サービスと連動させるもので、デジタル放送を利用したさまざまなビジネスモデルを構築できる技術という。eプラットフォームを採用したデジタル放送受信機は、リモコン操作により蓄積データを瞬時に呼び出せたり、携帯電話との間で電子メールのやり取りを行なえるという。同準備会には、3社以外に(株)日立製作所も参加予定で、ほかに放送会社にも参加を呼びかけている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン