このページの本文へ

ミヤビックス、オンラインモバイル専門店“Vis-a-Vis”で『WorkPad 30J』や『Palm IIIx』用の木製リプレイスケースの販売を開始

2000年06月09日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ミヤビックスは9日、同社の運営するオンラインモバイル専門店“Vis-a-Vis(ビザビ)”でコスタリカのRediakas社製の木製リプレイスケース『cocobolo wood case』を販売開始したと発表した。価格は2万9800円。これは、日本IBM(株)製の『WorkPad 30J』、ならびに米Palm社製の『Palm IIIx』用の木製リプレイスケース。素材に高級ナイフの柄などに使用される“ココボロ”を使用する。

『cocobolo wood case』
『cocobolo wood case』



HotSync* 時に強度を保てるように、クレイドルとの接触面には金属パーツを使用する。木製スタイラスと、組み立て用の専用ドライバーが付属する。
なお、同製品を装着すると標準のWorkPad/Palm IIIボディーよりも若干大きくなるため、WorkPad/Palm III用のほとんどのケースは使用できなくなるという。同様にクレイドルとHotSyncケーブル以外の周辺機器も使用できなくなる。

表蓋と裏蓋
表蓋と裏蓋



* HotSync:専用ケーブル(HotSyncケーブル)をパソコンと接続することで、ボタン1つで、パソコン側のデータとWorkPad(Palm)のデータの同期が取れるパソコンとの連携機能。アプリケーションの追加もHotSyncを使って行なう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン