このページの本文へ

電子申請推進コンソーシアム、メンバー企業6社と共同で電子フォームポータルサイトのテスト運用を開始

2000年05月31日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電子申請推進コンソーシアムの事務局であるジェットフォーム・ジャパン(株)は5月31日付けで、同コンソーシアムとメンバー企業6社が共同で、電子フォームポータルサービスのテストサイトを5月1日に公開したと発表した。


保険料控除の申請フォーム
(クリックすると拡大して表示されます)


同サイトは、従来は紙媒体であった各種申請様式をインターネットとXMLに対応した“電子フォーム”に変換し、このサンプルを試用できるサービス。行政機関への申請フォームのポータルサービスを想定しており、運用性やセキュリティーに関する実証実験を行なう。7月に商用サイトを開設し、企業の総務部門が必要とする約400種の申請フォームを取り揃え、条件検索などによる申請フォームへのナビゲーションサービスも開始するという。将来、行政機関へのオンライン申請サービスなども提供する予定としている。テストサイトに参加する企業は、ジェットフォーム・ジャパン(株)、(株)日本法令、大日本印刷(株)、KDD(株)、デルコンピュータ(株)、ECソフトウェア・ドットコム(株)の6社。

また、同事務局は本発表と同時に、同コンソーシアムへ新たに(株)NTTデータ、(株)CRC総合研究所、(株)TKC、富士ゼロックス(株)、(株)ワンビシアーカイブズの5社が5月1日に参加したと発表した。これにより、同コンソーシアムへの参加企業数は11社となった。なお、同コンソーシアムは、電子申請システム間でデータ交換できるようにXMLデータのタグの標準化を推進したり、電子申請の普及活動などを行なっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン