このページの本文へ

PCCW、モーニングスターと合弁会社“Morningstar Asia Limited”を設立

2000年05月01日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

香港のPacific Century CyberWorks社(PCCW)は4月28日、米モーニングスター社と合弁会社“Morningstar Asia Limited(モーニングスター・アジア・リミテッド)”を設立すると発表した。新会社は香港に本社を置き、日本、韓国、オーストラリアを除くアジア全域にモーニングスターの情報、および情報から派生するアジア地域に関係する情報を提供する独占権を保有するという。また、投資家向けのウェブサイトを立ち上げ、各国の株、投信に関するデータや記事を配信するとともに、アジア地域の投資家から、モーニングスターの投資情報やポートフォリオ作りの情報へのアクセスを確保するとしている。
新会社への出資比率は、PCCWが50.1パーセントで、モーニングスターの子会社のPacific Century Insurance社は49.9パーセントとなっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン