このページの本文へ

NTT東日本とNTT西日本、“電話会社選択サービス”の認可申請を実施

2000年04月10日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)(NTT東日本)と西日本電信電話(株)(NTT西日本)は4月10日、郵政大臣に対し、優先接続の導入に必要な契約約款改正の認可申請を行なったと発表した。

優先接続は、郵政省の“優先接続に関する研究会”および“優先接続導入に関する研究会”の内容を受け、NTT東日本とNTT西日本が“電話会社選択サービス”として2001年5月1日に実施するもの。

同サービスは、ユーザーがあらかじめ利用する電話会社をNTT東日本やNTT西日本の加入者交換機に登録し、ユーザーが電話をかける際に、電話会社を選択するためにダイヤルする識別番号を不要にするもの。

電話会社選択サービス“マイライン”と、電話会社固定サービス“マイラインプラス”の2種類が用意されており、マイラインは、通話ごとに識別番号をダイヤルした場合はその電話会社を利用でき、マイラインプラスは、識別番号をダイヤルしても登録した電話会社しか利用できない。

どちらのサービスも、“市内通話”“同一県内の市外通話”“県外への通話”“国際電話”の4つの通話区分ごとに電話会社を選択して登録できる。

サービス提供回線は、一般加入電話、INSネット64、INSネット64・ライト、INSネット1500。申し込みは、2001年1月10日よりNTT東日本、NTT西日本、同サービス登録可能な電話会社で受け付ける。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン