このページの本文へ

エクス・ツールス、『Shade Personal R4』にラジオシティ機能を追加する『Shade R4 Radiosity Kit』を発売

2000年04月07日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エクス・ツールス(株)は7日、3DCGソフト『Shade Personal R4』に“ラジオシティ”機能を追加するためのプラグインソフト『Shade R4 Radiosity Kit』を21日に発売すると発表した。これに伴ない、同日より同社のホームページにおいて先行予約を開始した。なお、販売は『Shade Personal R4』の登録ユーザーに対しホームページを通じて、簡易パッケージによる郵送で行なわれる。


『Shade R4 Radiosity Kit』は、プロフェッショナル向けの『Shade Professional R4』だけに搭載されている“ラジオシティ”機能を、『Shade Personal R4』ユーザーにも使用可能とするためのソフトウェア。

面光源+レイトレーシング 面光源+レイトレーシング



面光源+レイトレーシング+ラジオシティ 面光源+レイトレーシング+ラジオシティ



“ラジオシティ”機能は、オプトグラフ(株)製の『OptiGraph Radiosity Library(ラジオシティ ライブラリ)』を使用して作成されたもので、光の間接的な反射を自動的に計算する機能。自然な明るさがよりリアルに表現されたレンダリング結果を得ることができるという。シーンに現実の光源を配置するだけで自動的に間接光の効果を表現できるため、仮想光源の配置をする必要がなく、間接光の影響が正確に計算されるため、光や影の柔らかい表現が可能となるという。動作環境は、Macintosh版がMac OS 8.1以降を搭載したPower MacintoshまたはPower PCを搭載の互換機で、Windows版はWindows95/98/2000/NT4.0を搭載したIBM PC/AT互換機、もしくはPC-98NXシリーズ。価格は2万9800円(消費税込み・送料無料)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン