このページの本文へ

NECと三洋電機、“TFT液晶ドライバIC”事業で提携

2000年03月09日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)と三洋電機(株)は9日、“TFT液晶ドライバIC”事業に関して提携した。これは、CRTからTFT液晶パネルへと置き換えが進むパソコン用ディスプレー市場のニーズに応えるため。NECのTFT液晶ドライバーICの設計、製造技術を三洋電機に供与し、三洋電機がNEC互換の同製品の生産、販売を行なうほか、NECが三洋電機に同製品の生産を委託する。これにより三洋電機は、NECからの委託分として今月から同製品の生産を月産200万個体制で開始するとともに、秋から三洋電機ブランドで“TFT液晶ドライバIC”事業に新規参入する。これらにより、NEC互換の同製品は現在の900万個から月産1300万個に増産となる。両社は今後ともTFT液晶ドライバーICの安定供給に向けて努力していくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン