このページの本文へ

クラスキャット ネットワークス、ECサイト構築用ウェブアプリケーションを発表

2000年02月22日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クラスキャット ネットワークス(株)は18日、ウェブアプリケーションサーバー『Personal WebShop Java(Access version)』を発表した。価格は9万8000円で、2月下旬に販売を開始する。

Personal WebShop Java(Access version)は、Javaベースのウェブアプリケーションサーバーソフト。受注管理機能や顧客管理機能、会員管理機能などを標準で搭載しており、簡単にオンラインショップを構築できることが特徴。また、サーバーの運用・設定は、すべてウェブブラウザーを通して行なうことができる。

対応OSは、Windows NT Server 4.0(SP6a適用以降)。Windows 2000 Serverへの対応も予定している。ウェブサーバーはIIS(Internet Information Server)3.0/4.0、RDBMSはMicrosoft Jetに、それぞれ対応する。



クラスキャット ネットワークスは、ウェブアプリケーションソフトウェアの開発および販売を主な事業とする企業。2月14日に、“株式会社アレフゼロ”から“クラスキャット ネットワークス株式会社”に社名変更をした。なお、ウェブサイトのURLやメールアドレスに変更はないという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン