このページの本文へ

コンピュータ・ニュース社、パソコン関連商品55カテゴリーの'99年売上シェアを発表

2000年01月28日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コンピュータ・ニュース社は28日、大手パソコンショップ218店舗のPOSデータに基づく“BCN Award 2000”を公表した。これは、パソコン関連商品55カテゴリーで、カテゴリーごとの'99年売上シャアトップ3を公表したもの。デスクトップパソコン部門ではアップルコンピュータ(株)、ノートパソコン部門では日本電気(株)が首位となっている。

デスクトップパソコン部門は、首位アップルが33パーセント、2位NECが21.8パーセント、3位富士通(株)が14.4パーセントのシェア、ノートパソコン部門は、首位NECが26.3パーセント、2位ソニーが23.3パーセント、3位富士通が17.3パーセントとなっている。パソコン部門ではアップルとソニーの躍進が目立つ。

このほか、ディスプレーの部門では、CRTと液晶の両部門とも三菱電機が首位。プリンター部門では、インクジェット部門はセイコーエプソン(株)、ページ部門ではキヤノン(株)が首位となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン