このページの本文へ

アドバンス技研、宛名などを差し込みできる一括同報メール送信ソフトを発表

2000年01月27日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アドバンス技研(株)は26日、一括同報メール送信ソフト『一括メール2000 ver1.0』を3月17日から販売すると発表した。価格は4万6000円。同製品は、宛名などをメール本文に差し込んで、メールを送信できる。

一括メール2000 ver1.0一括メール2000 ver1.0



同製品は、データベースなどに蓄積されたメールアドレスに対して、同報メールを送信できる機能と、蓄積されているメールアドレスが正しいかどうかをメール配信せずに調べるエラーチェック機能を搭載している。

同報メールを送信できる機能は、Access 95/97/2000やExcel 95/97/2000、Outlook Express Ver.4.0/5.0などに登録されたメールアドレスに対して、メール送信できる。その際、相手の会社名や名前などをメール本文に差し込むことも可能。宛先のメールアドレスは、メーリングリストなどとは異なり、送信処理はそれぞれメールアドレスに対して1件ずつ行なわれるので、相手にだけ送信したかのようなメールを送信可能だという。送信可能な件数はデータベースの制限に依存。

エラーチェック機能は、メールアドレスの妥当性、DNSサーバーに接続して、メールサーバーが存在しているかどうかをチェックするとしている。エラーのあったメールアドレスは、エラーログファイルに出力される。

対応OSは、Windows 95/98/NT 4.0。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン