このページの本文へ

日本電気、人材派遣情報サービスのモール『人財宝典』をBIGLOBEに開設

2000年01月26日 00時00分更新

文● 編集部 井上猛雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

26日、日本電気と、人材派遣業のコンサルティングなどを行なう(株)オピニオン、ソフトハウスの(株)F.A.Iは、日本電気のインターネットサービス『BIGLOBE』上で、人材派遣情報サービスのモール『人財宝典』を2月15日より開設すると発表した。

同モールは、人材派遣ウェブサービス“LAVORO”(ラヴォーロ)と、求人求職情報コーディネートサービスで構成する。

“LAVORO”では、人材派遣会社が持つ就職情報を提供し、求人希望者が人材派遣会社に登録をする作業を代行する。申し込みはパソコン以外にiモードでもできる。まず、求人希望者がウェブで自分に合う職種や条件を提示する複数の会社に申し込む。登録すると、F.A.Iが開発した『シーオール・システム』とNTT-MEのCTI(Computer Telephony Integration)によって、求人希望者へ本人確認の電話が自動的に掛かるようになっている。

人材派遣会社への求人求職情報コーディネートサービスにより、登録されたスタッフのデータベース化、派遣先の要件に合うスタッフの検索を自動化できる。

また、スタッフへ就労情報を通知したり、就労できるかどうかの調整作業も自動化する。就労期間や、登録を継続するかどうかなどの条件を電話で流す。条件に合う該当番号を求職者が押すことで、就業可否などの情報がシステムにフィードバックされるというもの。ただし、実際の派遣会社への登録契約、就業契約については、オフラインでの面接が必要になる。

サービスはBIGLOBE以外の会員でも無料。人材会社の情報掲載料は、パソコン上でのウェブ申し込みの場合、加入料が70万円、月額基本料金19万8000円(30件)から45万円(100件)、登録紹介料は1人200円。これらに加え、iモード上でのウェブ申し込みにも対応させる場合は、加入料は無料(iモードのみの場合は30万円)、月額基本料5万円(19万8000円)、登録紹介料は1人500円。

将来的には、メールマガジンでの急募告知や、メールによる相談、適性診断などのサービスも行なう予定。

右から、オピニオンの代表取締役・三浦和男氏、日本電気の専務取締役・吉川栄一氏、FAIの代表取締役・宮崎幸男氏。オピニオンは人材派遣ウェブを運営、日本電気は人財宝典のプロモーション、人材派遣ウェブのシステム構築、FAIはシーオール・システムの運用をそれぞれ担当する右から、オピニオンの代表取締役・三浦和男氏、日本電気の専務取締役・吉川栄一氏、FAIの代表取締役・宮崎幸男氏。オピニオンは人材派遣ウェブを運営、日本電気は人財宝典のプロモーション、人材派遣ウェブのシステム構築、FAIはシーオール・システムの運用をそれぞれ担当する



オピニオンの代表取締役、三浦和夫氏は、「昨年12月に改正派遣法が施行され、26業種に制限されていたワクがほとんど外れた。派遣労働者数は'99年には約86万人だったが、今年はすでに100万人は突破しているだろう。これらの人材をターゲットに、1500社にわたる人材派遣会社と協力していく」と抱負を語った。

すでに人材派遣会社大手のパソナやテンプスタッフなどと検討中だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン