このページの本文へ

技術評論社、『Vine Linux 2.0 CR Official製品版』を3月に発売

2000年01月26日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)技術評論社は、『Vine Linux 2.0 CR Official製品版』を3月17日に発売すると発表した。『Vine Linux 1.1 CR Official製品版』および『Vine Linux 1.1 CR with Wnn6』のユーザーに対するバージョンアップ版の販売も同時に行なう予定。

Vine Linux 2.0 CR Official製品版は、Vine Linux 1.1 CRのカーネルをバージョンアップし、KDEおよびGNOMEを採用するほか、付属アプリケーションの追加も行なった。また、かな漢字変換システム『Wnn6 V3』を標準搭載し、和文TrueTypeフォントを5書体搭載するなど、日本語環境を充実させたことが特徴。パッケージはCD-ROM4枚組みで、日本語マニュアルが付属する。価格は9800円(パージョンアップ版は6000円)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン