このページの本文へ

ソーテック、Celeron-500MHz搭載のスリムケースモデルを発売

2000年01月24日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ソーテックは24日、Celeron-500MHzを搭載したスリムケース採用のパソコン『PC STATION B250』を発表した。

PC STATION B250B
PC STATION B250B



同製品は、幅95×奥行き353×高さ320mmのスリムケースを採用している。CPUにはCerelon-500MHz、チップセットはi810を搭載。メモリーは64MBのSDRAM、HDDはUltra ATA/33対応の13GB、最大24倍速のCD-ROMドライブを採用している。グラフィックチップはオンボードで、サウンドチップは米シーラス・ロジック社のCrystal CS4280をPCI接続で搭載している。モデムは、V.90/K56flex対応のモデムを内蔵している。

『PC STATION B250A』は15インチフラットCRTディスプレー、『同B』には15インチTFTカラー液晶ディスプレーが付属する。

主な添付ソフトは、『一太郎Home』『ノートンアンチウイルス』など。『PC STATION B250B』には『Office2000 personal』も付属する。

価格は、『PC STATION B250A』が9万9800円、『同B』が19万8000円。2月上旬より順次出荷される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン