このページの本文へ

カノープス、DDRメモリー対応のグラフィックカード『SPECTRA 7400 DDR』を発表

2000年01月24日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カノープス(株)は24日、DDRメモリー対応のグラフィックカード『SPECTRA 7400 DDR』を発表した。同製品は、チップに米nVidia社のGeForce 256を搭載し、メモリーには300MHz(150MHz×2)で動作する32MBのDDR(Double Data Rate) SGRAMを採用している。

SPECTRA 7400 DDR パッケージ写真SPECTRA 7400 DDR パッケージ写真



同製品は、“SSH(Signal Super Highway)テクノロジー”や“DFS(Dual Filter System)テクノロジー”を採用するなど、映像をよりよい状態で出力できるように配慮しているという。また、AGPの供給可能電流を補う外部拡張電源を搭載している。

SPECTRA 7400 DDR 基板写真SPECTRA 7400 DDR 基板写真



付属するソフトは、マルチメディアプレイヤー『Media Scope』、ソフトウェアDVDプレイヤー『WinDVD』、ゲームソフト『Supreme Snowboarding』。価格はオープンプライス(4万円台前半)で、販売は2月初旬から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン