このページの本文へ

富士フイルム、容量200MBの3.5インチFDD『フジフイルムHiFD』を発表

2000年01月20日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士写真フイルム(株)は20日、現行の3.5インチFDをリード/ライトできる容量200MBのFDD『フジフイルムHiFDドライブ』を2月1日に発売すると発表した。

フジフイルムHiFD
フジフイルムHiFD



同製品は、パラレルポート接続で、IBM PC/AT互換機に接続して使用する外付けドライブ。メタル超薄層塗布技術の“ATOMM”(Advanced super Thin-layer & highOutput Metal Media Technology)技術と磁気サーボ技術の採用により200MBを実現したという。

ディスク回転速度は毎分3600回転、最大3.6MB/secのデータ転送速度となっている。ヘッドは浮上型でディスク面とは接触しない方式を採用。“デュアルディスクリートギャップヘッド”の搭載により、現行の3.5インチFDのリード/ライトを実現している。

対応OSはWindows 95/98。ドライブのサイズは幅143×奥行き214×高さ42mm、重さ950g。価格はオープンプライス。予想実売価格はそれぞれ、フジフイルムHiFD Windows用1枚パックが約1600円、同2枚パックの価格が約2600円、フジフイルムHiFDドライブパラレルポート接続キットが未公表となっている。

USB接続の製品については、2000年の早い時期に製品化したいとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン