このページの本文へ

高木産業、モバイルPentium III-650MHzを搭載したノートパソコン『PNIV-PIII650』など2機種を発表

2000年01月19日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“パーパス”ブランドの高木産業(株)は19日、SpeedStepテクノロジ対応のモバイルPentium III-650MHzを搭載したマルチメディアノートパソコンの最上位機種として、『PNIV-PIII650』と『PNIV-PIII650SU』の2機種を、2月5日に発売すると発表した。

デジタルオーディオプロセッサーが付属する『PNIV-PIII650SU』
デジタルオーディオプロセッサーが付属する『PNIV-PIII650SU』



『PNIV-PIII650』は、チップセットに440BXを採用し、メモリーはSDRAMを64MB搭載(最大256MBまで増設可能)。ビデオチップにS3社のSavage/IX8(ビデオメモリー8MB)を搭載する。ディスプレーはXGA対応の14.1インチTFT液晶パネルで、1024×768ドット1670万色の表示が可能。サウンド機能として、SoundBlaster PRO互換の3DSound機能を搭載し、ステレオスピーカーを内蔵する。最大6倍速のDVD-ROMドライブと3.5インチFDD、Ultra-ATA対応の6GB HDD、V.90対応の56kbpsモデルを内蔵する。ポインティングデバイスはタッチパッド。PCカードスロットはTypeII×1。バッテリーはリチウムイオンで、2時間の使用が可能(充電時間は3~4時間)。本体サイズは、幅305×奥行き251×高さ39mmで、重量は約3kg(バッテリー含む)。OSは、Windows 98 Second Editionをプレインストールし、アプリケーションとして、DVD再生ソフト『PowerDVD』が付属する。

『PNIV-PIII650SU』は、PNIV-PIII650をベースに、USB Hub機能(ポート×3)を搭載したオンキヨー(株)のデジタルオーディオプロセッサー『SE-U33HUB』と外付けスピーカー『GX-30AH』(7W×7W)を組み合わせたモデル。

価格は、『PNIV-PIII650』が32万8000円で、 『PNIV-PIII650SU』が34万8000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン