このページの本文へ

富士通、『FMV-DESKPOWER』のラインナップを一新――液晶一体型新シリーズやAthlon搭載機種も

2000年01月19日 00時00分更新

文● 編集部 小林伸也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通(株)は19日、同社のデスクトップパソコン『FMV-DESKPOWER』シリーズのラインナップを一新し、液晶ディスプレー一体型の新シリーズ2機種を含む12機種を発表した。冬モデルの特徴を受け継ぎ、光デジタルオーディオ端子といったAV機能の強化に重点が置かれているほか、日本AMD(株)のプロセッサー『Athlon』搭載機種もお目見えした。価格はすべてオープンで、1月下旬から出荷される予定。

液晶ディスプレー一体型の新シリーズ『Kシリーズ』

液晶ディスプレー一体型の『K3/50』
液晶ディスプレー一体型の『K3/50』



『Kシリーズ』は、液晶ディスプレー一体型の省スペースモデルで、新たにラインナップに加えられた。『K3/50c』と『K3/50』の2機種で、K3/50cはCeleron-500MHz、K3/50はPentium III-500EMHzを搭載している。

チップセットはグラフィックアクセラレーター統合型のi810Eを採用し、メモリーは64MBのSDRAM、HDDは20.4GB(Ultra-DMA/33対応)を搭載している。筐体と一体化した液晶ディスプレーは、、1280×1024ドット、1619万色表示可能な15インチTFTとなっている。またK3/50cは最大24倍速のCD-ROMドライブ、K3/50は最大6倍速のDVD-ROMドライブを備えている。

筐体にはPCカードスロット(Type II)1スロットを標準装備。また光デジタルオーディオ端子を備え、MDレコーダーなどとの連携が可能になっているという。またキーボードは左右幅を約7cmカットしたコンパクトタイプを採用するなど、省スペース化に配慮したという。

実売予想価格は、K3/50cが28万円前後、K3/50が31万円前後となっている。



製品名


K3/50c


K3/50


CPU


Celeron-500MHz


Pentium III-500EMHz


チップセット


 i810E


 メモリー


 64MB


HDD


20.4GB


ディスプレー


 15インチTFT液晶


CD-ROM


最大24倍速


DVD-ROMドライブ(最大6倍速)


グラフィックスアクセラレーター


チップセット統合


モデム


56kbps(V.90/K56flex規格準拠)


オーディオ


 Crystal Crystal4281/4297A


スピーカー


付属ディスプレーに内蔵


推定価格


28万円前後


31万円前後


省スペースモデルの『Cシリーズ』

『C3/60L』
『C3/60L』



『Cシリーズ』は、ピザボックス型筐体を採用した省スペースモデル。5機種が発表されたが、CPUやHDDの強化が行なわれた以外は、冬モデルとほぼ同じ仕様となっている。Kシリーズと同様に光デジタルオーディオ端子を標準装備するほか、上位3機種はDVD-ROMドライブを装備し、AV機能の充実を図っている。

実売予想価格は、C3/505cが17万円前後、C3/50Lが27万円前後、C3/557が27万円前後、C3/55Lが31万円前後、C3/60Lが37万円前後となっている。



製品名


C3/500


C3/50L


C3/557


C3/55L


C3/60L


CPU


Celeron-500MHz


Pentium III-500EMHz


Pentium III-550EMHz


Pentium III-600EMHz


チップセット


i810E


メモリー(最大)


64MB


 128MB


HDD


20.4GB


 30GB


ディスプレー


15インチCRT


15インチTFT液晶


17インチダイヤモンドトロン


15インチTFT液晶


CD-ROM


最大24倍速


DVD-ROMドライブ(最大6倍速)


グラフィックスアクセラレーター


チップセット統合


モデム


56kbps(V.90/K56flex規格準拠)


オーディオ


YAMAHA YMF744B


スピーカー


外付け


付属ディスプレーに内蔵


外付け


付属ディスプレーに内蔵


推定価格


17万円前後


27万円前後


31万円前後


37万円前後


Athlon搭載の『Mシリーズ』

Athlon-550MHz『M3/557』
Athlon-550MHz『M3/557』



マイクロタワー型筐体の『Mシリーズ』は『M3/557』の1機種のみ。搭載CPUを冬モデル上位機種のK6-3-500MHzから変更し、同社としては初めてAthlon-550MHzを搭載した。

標準搭載のメモリー64MB(SDRAM)は前機種と同じだが、HDDを20.4GB(Ultra-DMA/33)と強化。グラフィックアクセラレーターをRage 128VRに変更し、VRAMも2倍の16MBに強化。筐体にはPCカードスロット(Type II)、光デジタルオーディオ端子が新設された。CD-R/RWドライブ(書き込み4倍速/書き換え2倍速)は引き続き搭載している。17インチCRTディスプレー(フルフラットダイヤモンドトロン)が付属する。

実売予想価格は、23万円前後となる見込み。



製品名


 M3/557


CPU


Athlon-550MHz


チップセット


AMD-751/AMD-756


メモリー(最大)


64MB


HDD


20.4GB


ディスプレー


17インチダイヤモンドトロン


CD-ROM


CD-R/RW(R:4倍速、RW:2倍速)


グラフィックスアクセラレーター


Rage 128VR


モデム


56kbps(V.90/K56flex規格準拠)


オーディオ
YAMAHA YMF744B


スピーカー


外付け


推定価格


23万円前後


エントリー向けの『MEシリーズ』

17インチCRTディスプレー付属タイプの『ME3/507』
17インチCRTディスプレー付属タイプの『ME3/507』



『MEシリーズ』は、マイクロタワー筐体を採用したエントリー向けシリーズ。冬モデルと大きな違いはが、CPUがK6-2-400MHzからK6-2-500MHzへと強化された。また付属の外付けスピーカーが、2W×2から5W×2へと変更。新たに上位モデルとして、17インチCRTディスプレーとCD-R/RWドライブ搭載モデルの『ME3/507』がラインナップされている。

実売予想価格は、『ME3/505P』が10万円前後、『ME3/505』が13万円前後、ME3/507が18万円前後になると見られる。



製品名


ME3/505P


ME3/505


ME3/507


CPU


K6-2-500MHz


チップセット


SiS530/5595


メモリー(最大)


64MB


HDD


10.2GB


15.3GB


ディスプレー


15インチCRT


17インチダイヤモンドトロン


CD-ROM


最大24倍速


CD-R/RW(R:4倍速、RW:2倍速)
グラフィックスアクセラレーター

チップセット統合


モデム


56kbps(V.90/K56flex規格準拠)


オーディオ


ESS Solo-1


スピーカー


外付け


推定価格


10万円前後


13万円前後


18万円前後


搭載CPUが強化された『Pliche』



液晶ディスプレー一体型パソコンの『Pliche(プリシェ)』は、CPUがCerelon-433MHzから同466MHzへと強化された程度で大きな変更はない。冬モデルと同様、本体前面にPCカードスロットや、シリアルやUSBなどポート類が配置され、使い勝手に配慮がなされている。

実売価格は20万円前後になる見通し。



製品名


model346


CPU


Celeron-466MHz


メモリー(最大)


64MB


HDD


13GB


ディスプレー


12.1インチTFT液晶


CD-ROM


最大24倍速


グラフィックスアクセラレーター


 Rage Mobility-P


モデム


56kbps(V.90/K56flex規格準拠)


オーディオ


YAMAHA YMF744B


スピーカー


 内蔵


推定価格


20万円前後

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン