このページの本文へ

インフォミックス、インターネット対応データベース『Informix Internet Foundation.2000』を発売

2000年01月18日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インフォミックス(株)は17日、インターネット対応データベース『Informix Internet Foundation.2000』を発表した。価格は、UNIX版が37万6000円(10ユーザー)、NT版が21万1000円(5ユーザー)から。9月末までのキャンペーン期間中は、それぞれ28万2000円、11万7000円で販売される。

同製品は、UNIX、Windows NT、Linuxの各OS環境で同一の機能をサポート、異種プラットフォーム間での拡張性も確保しているという。

データは、文字、画像、動画、音声などのあらゆるタイプを扱える。通常のデータベースとして機能するほか、ウェブサイトにおいては、CGIスクリプトを利用することなく、動的なデータベース駆動型のウェブページを作成できるという。また、データベースエンジンにJavaバーチャルマシンを実装しており、Javaのコードを実行できる。標準APIに対応しており、Java、COM、HTMLなどで、既存の基幹業務アプリケーションとも連携できるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン