このページの本文へ

大日本スクリーン製造、Windows DTPを支援する印刷ソフト『AVANAS MultiStudio Officeパッケージ』を発売

2000年01月17日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大日本スクリーン製造(株)は17日、Windowsソフトで制作したデジタルデータを効率的かつ忠実に印刷できるシステム『AVANAS MultiStudio Office パッケージ』を31日から販売すると発表した。

『AVANAS MultiStudio Office パッケージ』搭載システム
『AVANAS MultiStudio Office パッケージ』搭載システム



同製品は、同社が'98年に発売したWindows版総合製版処理ソフト『AVANAS MultiStudio』に“Windowsデータ処理モジュール”を追加したもの。Windows NT上で動作するWord・Publisher・一太郎などWindows DTPソフトで制作されたドキュメントのGDI印刷出力データを取り込み、印刷用データ(PostScriptデータ)に変換、そのデータを印刷システムに渡すことができる。これにより、Windowsデータの取り込み速度や出力結果が大幅に向上するという。

Windowsデータの取り込み時に墨ノセ処理の自動設定が可能なほか、製版余白、トンボ、塗り足しといった印刷・製版に必要な情報の付加などが行なえる。複数ページの自動処理や、TIFFファイルへの出力、分色表示、図形編集機能、キーコマンドのカスタマイズ、網点パーセントの表示、ルーペ機能、EPS出力時の部品選択出力機能など製版機能の強化も行なわれている。

今回発売されるのは、Windows NT対応版で、近日中にWindows 95/98にも対応する予定という。価格は、AVANAS MultiStudio Office パッケージソフトが225万円。

また、プラットフォームとして2機種用意されている。『WD-733iNTHS』は、Pentium III-733MHz搭載のデスクトップパソコン本体と21インチカラーディスプレーにWindows NT Workstation 4.0とApple Talk接続ソフト『PC MACLAN NT』が付属する。価格は120万円。『WI-Xprime クライアント for MultiStudio』は、Pentium III-500MHz搭載のデスクトップパソコン本体にWindows NT Workstation 4.0が付属する。価格は50万円。

旧バージョンのAVANAS MultiStudioからのアップグレード用に『Officeオプション』が用意されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン