このページの本文へ

【2000 International CESレポートVol.9】カシオとキヤノンが300万画素デジタルカメラを展示

2000年01月11日 00時00分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラスベガスで9日(現地時間)まで開催の、2000 International CESにおいて、300万画素デジタルカメラが米カシオ社と米キヤノンUSA社のブースで展示されている。


米カシオの300万画素デジタルカメラ『QV-3000EX』
米カシオの300万画素デジタルカメラ『QV-3000EX』



米カシオのQV-3000EXはCES直前の5日(現地時間)に発表されたもので、334万画素(有効324万画素)の1.8分の1インチCCDを採用したデジタルカメラ。光学3倍ズーム、USBインターフェースを備え、コンパクトフラッシュスロット(Type II)を持つ。画像解像度は最大2048×1536ドットとなっている。電池は単3アルカリ電池、ニッケル水素電池、リチウム電池に対応する。3月発売予定で、999ドル(約10万5000円)以下を予定しているという。


米キヤノンUSAの『PowerShot S20』
米キヤノンUSAの『PowerShot S20』



米キヤノンUSAのPowerShot S20は、CES初日の6日(現地時間)に発表された。S10と同じコンパクトな筐体に、総画素数334万画素の1.8分の1インチCCDを搭載したもの。光学ズームレンズもS10と同じ2倍となっている。画像解像度はカシオと同じ2048×1536ドット。USB/シリアルインターフェース、コンパクトフラッシュスロット(Type II)を備える。電池は専用ニッケル水素充電池または、2CR5と呼ばれるリチウム電池(充電池ではない)を使用する。

こちらは米松下電器産業が展示していた、LS-120(SuperDisk)を記録メディアとして利用するデジタルカメラ。『PV-SD4090』1500枚以上の画像が記録できるという
こちらは米松下電器産業が展示していた、LS-120(SuperDisk)を記録メディアとして利用するデジタルカメラ。『PV-SD4090』1500枚以上の画像が記録できるという

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン