このページの本文へ

ソニーと米リキッドオーディオ、音楽配信プラットフォームの開発について提携

2000年01月07日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リキッドオーディオ・ジャパンは7日、米リキッドオーディオ・ジャパン社の現地時間6日の発表を受け、リキッドオーディオとソニー(株)が音楽配信プラットフォームの開発において提携したと発表した。

具体的には、リキッドオーディオのデジタル音楽再生ソフト“Liquid System”にソニーの音楽著作権技術“OpenMG”を統合するというもの。ソニーが開発したATRAC3で圧縮された音楽データの再生に対応し、『メモリースティックウォークマン』などソニーの携帯音楽プレーヤーへのデータの移動を簡易化するという。リキッドオーディオ社は、改良されたLiquid SystemによるATRAC3での音楽配信を、今月末に開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン