このページの本文へ

ヤマハ、MIDIキーボードでピアノのコード演奏を行なえるヤマハ『BOP CHOP Light Edition』の無償配布を開始

2000年01月07日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヤマハ(株)は7日、ピアノやキーボード用の演奏ソフトであるヤマハ『BOP CHOP(バップチョップ) Light Edition』を、同社ホームページにおいて、11日から無償でダウンロード提供すると発表した。対応曲データは、1曲300円で、同日よりオンライン販売する。同ソフトの対応OSはWindows 95/98。

同ソフトでは、バンドやオーケストラ形式のカラオケ伴奏(MIDI対応音源やソフトシンセサイザーなどが必要)に合わせて、パソコンに接続したMIDIキーボードでコード演奏を行なうことができる。画面には、歌詞、コードネーム、押さえる鍵盤の位置が表示される。上級者向けに複雑なコードの押さえ方や演奏方法の選択が可能。採点機能のほか、テンポやキーの切り換え機能などを搭載する。

同ソフトは、同社が運営する、新しい音楽の楽しみ方を提案する初心者向け会員制サイト“Cyber Music City”で使用する弾き語り独習ソフト『BOP CHOP』の機能限定版ソフト。操作方法や楽曲データには互換性がある。Cyber Music Cityに会員登録すれば、完全版のBOP CHOPを入手できる。同サイトの参加料(1年間有効)は3500円で、11日から限定1万人の会員を同社ホームページで募集する。

楽曲データは、同社のオンラインショップ“らふれーず”などで販売される。ファイル形式はXFフォーマット。これは、SMFファイルを拡張し、歌詞やコードネームを表示可能にした同社独自のMIDIファイルフォーマット。同社のギター・ウクレレ用カラオケソフト『ジャカジャン』用楽曲データもBOP CHOP Light Editionで利用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン