このページの本文へ

携帯電話による64kbpsパケット通信サービス“PacketOne”が7日に全国でスタート

2000年01月06日 00時00分更新

文● 編集部 小林伸也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第二電電(株)らDDIセルラー電話グループ9社と、日本移動通信(株)(IDO)は7日午前零時、携帯電話“cdmaOne”方式を利用したパケット通信サービス“PacketOne”を全国で一斉に開始する。最大通信速度は、携帯電話のデータ通信としては最速となる64kbps。サービス利用には対応端末が必要になる。

PacketOneの標準サービスは最大通信速度14.4kbpsのパケット通信だが、オプションで最大64kbpsのサービスが用意される。PacketOneを利用すれば、ノートパソコンなどから出先で高速なインターネット接続が可能になるほか、WAPによるインターネットサービス“EZweb/EZaccess”も利用できる。

サービスエリアはcdmaOneとほぼ同じで、人口カバー率は約98パーセントという。対応端末は現在、(株)日立製作所と(株)東芝の2製品が出荷されている。

携帯電話によるデータ通信ではPacketOneが最速となり、PHSの64kbps(実効は58.4kbps)サービスに並ぶ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン