このページの本文へ

アクトンテクノロジィ、省スペース設計のマグネット付きFast EthernetスイッチングHubを発表

2000年01月06日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アクトンテクノロジィ(株)は6日、10BASE-T/100BASE-TXポートを8ポート搭載したスリム型Fast EthernetスイッチングHub『AcctonSlimSwitch8-S(AS3008S)』を発表した。価格は3万9800円で、1月上旬に出荷を開始する。

『AcctonSlimSwitch8-S(AS3008S)』
『AcctonSlimSwitch8-S(AS3008S)』



同製品は、10Mbpsと100Mbpsの通信速度や半二重/全二重モードの自動設定が可能なオートネゴシエーション機能、ネットワーク混雑時のパケットロスを防ぐためのフローコントロール機能、ネットワークの接続状況を確認できるLEDインジケーター機能を搭載する。カスケード接続用にアップリングポートを装備する。

OAタップ型デザインを採用しており、筐体はプラスチック製で、底面にはスチール製のデスクなどに固定できるマグネットを標準装備する。サイズは幅254×奥行き67×高さ33mmで、重量は0.6kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン