このページの本文へ

米インテル、ウェブ・アプライアンス事業の概要を発表

2000年01月06日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米インテル社は現地時間の5日、コンシューマー向けに“ウェブ・アプライアンス製品(インターネット専用端末)”を提供する計画を明らかにした。

これはインテルブランドの“ウェブ・アプライアンス端末”“端末を管理する機能”“サービス”の3つのコンポーネントをパッケージ化して、通信事業者およびISP(インターネット・サービス・プロバイダー)を通じてエンドユーザーに提供するもの。最初の製品は2000年の中ごろに出荷を予定しており、インターネットアクセスと電話機能を統合し、受発信管理や音声/データ両方のメッセージの一元管理などを実現するという。

さらに、サービス提供業者の新規サービス開発も支援する計画で、サービス提供業者が自社ブランドでの通信、商取引、ポータルサービスを行なえるようにする。加えて、通信事業者およびISPに対し、遠隔地から低コストで“アプライアンス端末”を管理できるアプライアンス・マネージメント・ソフトウェアも提供する。将来は、他のインターネットアクセス機器もサポートするとしている。日本では、すでに日本電気(株)のインターネット総合サービス“BIGLOBE”との協力を開始しており、日本電気が金融機関やASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)に対して、ファイナンシャルサービスや家庭向けサービス用端末として、2000年の中ごろから販売していくという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン