このページの本文へ

【年頭挨拶ニュースリリース】日本ヒューレット・パッカード(株)代表取締役社長の寺澤正雄氏

2000年01月05日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


辰といえば天を突き、地を破るという豪快なイメージ。
既製のやり方、考え方にとらわれず、変えるべきものはためらわずに変えていく。

この年末年始、2000年問題対応のために多くの皆さんに勤務いただき、もっともクリティカルな時期を乗り切ることができました。Y2Kに関係した皆さん、そしてご家族の皆さんのご協力にも、心からお礼を申し上げたいと思います。

さて西暦2000年が始まりました。1000年に一度の大きな節目の年に、HPも新しい会社としてスタートを切ったこと、そして日本HPも新生HPの一員として2000年を迎えられたことに、すばらしい偶然を感じます。

創業のガレージの時代から、今までにない新しい技術、製品、サービス、仕事のやり方を創り出してきたHP ― "invent (発明・刷新)"の会社としての原点に戻り、新しく生まれ変わった気持ちで、今日から仕事に取り組んでいきましょう。

そして今年は辰年。私自身も年男として節目の年を迎えましたが、辰といえば天を突き、地を破るという豪快なイメージがあります。既製のやり方、考え方にとらわれず、変えるべきものはためらわずに変えていく、まさに我々が行おうとしている"reinvent(再発明・刷新)"を象徴するような干支であると思います。

今年は日本でもインターネットの普及がさらに加速し、しビジネスの常識となるなかで、我々ITベンダにとっては勝敗の分かれ目の年です。皆さん一人ひとりが積極的な態度、アイディア、行動力で仕事に臨み、変化を先取りしていくことで、高い成長と利益を実現していきたいと思います。

最後に、皆さん一人ひとりにとっても、2000年という大きな節目は、人間としての原点に戻って自分自身を見つめなおすチャンスです。自分にとっての原点は何かを考え、気持ちを新たに21世紀へ向かって飛躍されることを期待します。

以上

(用字用語は原文のまま)

・日本ヒューレット・パッカード
http://www.jpn.hp.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン