このページの本文へ

【年頭挨拶ニュースリリース】コンパックコンピュータ(株)代表取締役社長の高柳肇氏

2000年01月05日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


新しい世界への挑戦 (Challenge the New World)

新年、明けましておめでとうございます。

まず、この年末年始、2000年問題に万全の体制で取り組んでいただいたことに対して御礼申し上げます。コンピュータ業界最大の関心事であった2000年問題は、現在のところは大きな問題も発生していないことをご報告致します。これもすべて皆さんの努力の賜物と感謝しております。

さて、西暦2000年という大きな節目の年を迎えました。今年は新しい世紀、そして新しい千年紀(ミレニアム)へ橋渡しをする記念すべき年であり、人類の歴史にとってきわめて重要な年になります。

すでに、世界の経済活動においては、インターネットによってボーダーレスの戦いが始まっています。インターネットは20世紀後半に出現したモンスターといわれていますが、これが新世紀の社会インフラとなることは間違いありません。通産省はわが国のインターネットを活用した電子商取引額は1998年のわずか9兆円から2003年には71兆円に急拡大すると予測しています。この2~3年で新しい大規模な市場が我々の前に出現することになります。

現在、日本経済は長引く不況の中にあり、一般に企業の投資控え傾向が続くといわれていますが、情報化投資は各企業の最も戦略的な投資として2000年以降も増大していくと思います。特にインターネットにどのように関わっていくかは企業存亡のポイントになり、インターネットに関する情報化投資は二桁成長を遂げると考えます。まさに、情報化投資が牽引役となって、経済環境は明らかに好転していくでしょう。

一方、インターネットはITインダストリーの勢力図も大きく変えようとしています。コンパックは1999年、新しいインターネット時代に向け「NonStop(TM)eBusiness」というコンセプトと具体的な製品群を発表しています。これはインターネットに積極的に関わっていくというコンパックの強い意思表示です。コンパックは「インターネット・カンパニー」としての戦略を、今後当社の基本としていきます。

インターネットをインフラとした経済活動、社会生活は今までに経験したことのない、まったく新しい世界です。今、我々に要求されているのは、この新しい世界に向けて挑戦する気概と成功への確信であります。

その成功は過去の成功体験の延長線上にはありません。まったく新しい発想の中で実現されるものだと考えています。社員ひとりひとりの皆さんに、これから出現する新世界に対し、心を新たにして挑戦していただくようお願いします。

最後になりましたが、 皆様の今年一年のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

以上

(用字用語は原文のまま)

・コンパックコンピュータ
 http://www.compaq.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン