このページの本文へ

東芝、デスクトップ/ノートパソコンの新ラインアップを発表

1999年12月07日 00時00分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は、企業向けの省スペースデスクトップパソコン『DynaTop』、企業向けのオールインワンノートパソコン『DynaBook TECRA』、企業および家庭向けのB5薄型ノートパソコン『DynaBook SS』に、4機種12モデルを発表した。

企業向け省スペースデスクトップパソコン『DynaTop 2510/2010』

『DynaTop 2510』
『DynaTop 2510』



DynaTop 2510/2010は、6月に発表された液晶ディスプレー一体型デスクトップパソコンDynaTop 2000の後継機種で、CPUにPentium III-550EMHzを採用し、12GB HDDを搭載した高性能モデルDynaTop 2510と、CPUにCeleron 500MHzを採用し、6.4GB HDDを搭載した普及モデルDynaTop 2010がある。2510/2010には、それぞれWindows 95モデル、Windows 98SEモデル、Windows NT Workstation 4.0モデルが用意され、計6モデルが提供される。マイクロソフト(株)が、Windows 2000 Professionalの推奨システム要件を満たすパソコンとして定義している“Windows 2000 Ready PC's”に適合しているという。

全モデルに15インチ(1024×768ドット、1600万色表示)のTFTカラー液晶ディスプレーを搭載し、最大24倍速のCD-ROMドライブ、100BASE-TX/10BASE-Tインターフェース、PCカードスロット(Type II×2)などを備える。このうち、CD-ROMドライブは“セレクタブルベイ”と呼ばれる、FDDやHDDも交換可能なベイに装着されている。メモリーは標準で64MB SDRAM(最大192MB)となっている。また、ファイルやフォルダーをドラッグ&ドロップにより暗号化/復号化することのできる『ARCACLAVIS CIPHER Personal(アルカクラヴィス サイファー パーソナル)』(開発元:(株)ネットタイム)がバンドルされている。

価格は以下の通り。DynaTop 2510が12月15日、DynaTop 2010が本日発売予定となっている。

モデル名 DynaTop 2510 P55/5L5 DynaTop 2510 P55/5L8 DynaTop 2510 P55/5L4
OS Windows 95 Windows 98SE Windows NT 4.0
価格 47万8000円 47万8000円 49万8000円


 

モデル名 DynaTop 2010 C50/5L5 DynaTop 2010 C50/5L8 DynaTop 2010 C50/5L4
OS Windows 95 Windows 98SE Windows NT 4.0
価格 37万8000円 37万8000円 39万8000円


 

企業向けA4オールインワンノートパソコン『DynaBook TECRA 8100』

『DynaBook TECRA 8100』
『DynaBook TECRA 8100』



DynaBook TECRA 8100は、昨年10月に発表されたDynaBook TECRA 8000の後継機種。CPUがMobile Pentium II-300MHzからMobile Pentium III-450MHzに、VRAMが2.5MBから8MBにと大きく強化されたほか、ポインティングデバイスである“アキュポイント”がスクロールボタン付きの“アキュポイントII”に変更され、100BASE-TX/10BASE-Tインターフェースも内蔵された。筐体そのものも新しいものになり、8000より6mm薄い、幅312×奥行き254×高さ37mmとなった。重さも約2.74kgと、0.16kg軽くなった。バッテリー駆動時間は約3時間となっている。

液晶ディスプレーは14.1インチTFTで1024×768ドット、1600万色表示可能、グラフィックチップは、米S3社の『SavageMX』(VRAM 8MB)を採用している。標準で64MB SDRAMを備え、最大256MBまで増設が可能。USB、PS/2、外部ディスプレー、シリアルポート、パラレルポートなどの各インターフェースを標準で備える。また、International Limited Warranty(ILW)が適用され、世界中でサポートサービスを受けることができる。

DynaBook TECRA 8100も、プレインストールされるOSによって3モデルがあるが、このうちWindows NT 4.0モデルには、Windows 2000へのアップグレードクーポンが付属する。

価格は以下の通りで、12月15日に発売予定。

モデル名 DynaBook TECRA 8100 P45/4L5 DynaBook TECRA 8100 P45/4L8 DynaBook TECRA 8100 P45/4L4
OS Windows 95 Windows 98SE Windows NT 4.0
価格 43万8000円 43万8000円 45万8000円


企業・家庭向けB5サイズ薄型ノートパソコン『DynaBook SS 3380V』

『DynaBook SS 3380V』
『DynaBook SS 3380V』



DynaBook SS 3380Vは、10月に発表したDynaBook SS 3330Vの上位機種で、CPUにMobile Pentium II-400MHz、ディスプレーが11.3インチで1024×768ドット、1600万色表示の低温ポリシリコンTFTカラー液晶ディスプレー、12GBのHDDの採用といった点が強化されている。メモリーは標準で64MB SDRAMを搭載し、最大128MBまで増設可能。バッテリー駆動時間は約1.7時間、オプションの大容量バッテリーを使用した場合、約8時間となっている。

内蔵する56kbps(V.90、K56flex対応)モデムは、日本、アメリカ、カナダの3ヵ国で使用可能なもので、ILWの適用とあわせて、世界で使用できるとしている。プレインストールされるOSにより、3モデルがあり、Windows 98SEモデルでは、スマートメディアアダプターが、Windows NT 4.0モデルでは100BASE-TX/10BASE-TインターフェースPCカードとWindows 2000へのアップグレードクーポンが付属する。

3380Vでは、家庭での使用も考慮され、プレインストールされるアプリケーションとして、絵がはき作成ユーティリティー『JOYPLUS』、インターネット接続設定補助ユーティリティー『簡単インターネット』、音声認識/合成ユーティリティー『東芝音声システムV5』、電話番号検索ユーティリティー『Angel Line for Windows』、ファクス通信ソフト『Ring Central』などが用意されている。

価格はオープンで、本日発売予定となっている。

モデル名 DynaBook SS 3380V E40/1L5 DynaBook SS 3380V E40/1L8 DynaBook SS 3380V E40/1L4
OS Windows 95 Windows 98SE Windows NT 4.0
推定小売価格 30万円前後 30万円前後 33万円前後


なお、今回発表された製品すべては、廃棄/焼却時に有毒ガスが発生しない環境調和型プリント基板(ハロゲン/アンチモンフリー材)を使用し、マニュアル類もすべて再生紙が使用されるなど、環境に配慮した製品となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン