このページの本文へ

住友金属システム開発、DVD再生ソフト『MightyPEG/DVD II』を発表

1999年11月26日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

住友金属システム開発(株)は、DVDビデオ再生ソフト『MightyPEG/DVD II』(マイティペグDVD II)を発表した。価格は7800円で、12月23日に販売を開始する。対応OSはWindows 95/98(PC-9821シリーズは対応しない)。DVD再生時は、CPUとしてPentium II-266MHz以上またはCeleron-300AMHz以上、K6-2-350MHz以上、Pentium III、Athlonが必要。

MightyPEG/DVD IIは、DVDビデオやVideoCD、PhotoCDなどのメディアに対応するソフトウェアプレイヤー。サイバーリンク(株)が開発した。DVD再生エンジンとして、サイバーリンクの『PowerDVD』を採用。ビデオストリームのバッファリング機能の搭載などにより、画質の向上を図った。また、16:9のシネマスコープやビスタサイズの映画を、ディスプレー全画面で再生する“パンスキャン機能”を搭載する。

サウンド面では、AC-3(ドルビーデジタル)やQsurroundといった3Dサラウンド機能に対応。ユーザーインターフェースは、DVD再生専用機のリモコンを模したデザインを採用している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン