このページの本文へ

パイオニア、DVD-RWの録画・再生が可能なDVDレコーダー発売

1999年11月25日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パイオニア(株)は、DVDディスクへの録画・再生が可能なDVDレコーダー『DVR-1000』を12月上旬に発売する。

DVDレコーダー『DVR-1000』
DVDレコーダー『DVR-1000』



DVR-1000は、録画・再生が可能なDVDメディアの“DVD-RW”に対応する。DVD-RWは、DVDビデオと同じ直径12cmの光ディスクで、容量は4.7GB。標準モードで2時間、マニュアルモードで1時間から6時間の録画が可能。約1000回の書き換えが可能だという。

録画方式には“ビデオレコーディング・フォーマット”を採用し、同フォーマットに対応したDVDプレーヤーでの再生も可能だ。また、各種の著作権保護技術に対応し、不正コピーの防止や不正コピーディスクの再生が不可能としている。

録画には、映像の性質ごとに符号量を変化させる“VBR(Variable Bit Rate) Control”によるMPEG方式を採用し、従来の画像圧縮処理と比べて画質が向上しているという。また、音声信号を圧縮するDDCE(Dolby Digital Consumer Encoder)や、家庭用ビデオから録画した際に生じる色ムラを防止するDigiral TBC(Time Base Corrector)も搭載する。

レコーダーとしての機能では、ディスクの録画内容を一覧できる“ディスクナビ”や、ディスクごとに録画の予約情報を記憶できる“ディスク予約機能”、プログラムの編集機能などを備える。サイズは、幅420×奥行き389×高さ144mm。重量は8.5kgで、価格は25万円。また、同社ではDVR-1000の発売に合わせ、DVD-RWメディアの『DVS-RW47』も発売する。価格は3000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン