このページの本文へ

デルコンピュータ、省スペースデスクトップPC『Dimension C』シリーズを発表

1999年11月16日 00時00分更新

文● 編集部 小林伸也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は16日、コンシューマー向けデスクトップパソコン『Dimension』シリーズの省スペースモデルとして『Dimension C』シリーズを追加、同日からBTOによる受注を始めた。現行の省スペースモデル『Dimension J』シリーズと比べ、筐体の容積が約6割とよりコンパクトになっているという。

『Dimension C』シリーズ。新たにブルーの前面パネルを採用した
『Dimension C』シリーズ。新たにブルーの前面パネルを採用した



Dimension Cシリーズは、筐体サイズが幅78×奥行き270×高さ310mmで、重量は約6.6kg。Jシリーズの筐体と比較し、幅約18mm、奥行き約110mm、高さ約8mmのダウンサイズとなり、容積は約6割、重さも1.1kg減っている。

CPUはCeleron-500/433/400MHzに加え、インテル(株)の新プロセッサーであるPentium III-550E/500EMHzも用意された。チップセットはグラフィックチップを統合したi810Eチップセットを採用(4MBのダイナミックディスプレーキャッシュをオンボードで搭載)。メモリーは64MBから最大512MB(SDRAM)、HDDはUltra ATA/66対応の4.3(5400rpm)/6.4(同)/13.6(7200rpm)/20.4(同)GBのいずれかを選んで搭載する。CD-ROMドライブはスリムタイプで、読み取り速度は最大24倍速。OSはWindows 98 Second Editionか、NT4.0(SP5)のどちらかを選択する。

PCIスロットはマザーボード下部に装着されたライザカードにより2基を装備。BTOメニューでモデム(56kbps)か、LANカード(100BASE-TX/10BASE-T)のどちらかを選択した場合は1スロット、両方選択した場合は2スロットがこれらのカードで占有される。

同シリーズでは初めて、筐体全面にUSBポートとマイク入力端子、ヘッドフォン端子を各1つずつ装備し、使い勝手に配慮している。背面にはパラレル、シリアル、USBポート各1つずつ設けられている。

価格は、Celeron-400MHz、64MBのメモリー、4.3GBのHDD、24倍速のCD-ROMドライブを搭載、Windows 98 Second Editionをプレインストールし、15インチCRTディスプレーが付属するモデルが10万9800円となる。Pentium III-550EMHzへのアップグレードは3万4000円、メモリー128MBへのアップグレードは1万6000円などとなっている。

なお、Jシリーズの販売は当面、継続される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン