このページの本文へ

10月のデスクトップPC販売状況は低価格PCが全体の3割--BCN総研調査

1999年11月12日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コンピュータ・ニュース社の市場調査部門であるBCN総研は、10月のデスクトップPC販売に関する調査を発表した。

それによると、価格が8万~12万円未満のデスクトップPCの販売比率が、全体の3割を超え、30.3パーセントとなった。これは前月と比較して12.5パーセントの増加だという。

同社は、日本IBMの『Aptiva 20J』や、NECの『VALUESTAR VU45L』といった大手メーカーが、低価格PC市場に参入したためとしている。また同社は、2000年3~4月の春商戦では、10万円前後の新製品が全体の40パーセント強を占めるだろうと予測している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン