このページの本文へ

大塚商会、新ホスティングサービス“α-MAIL”を開始

1999年11月12日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)大塚商会は、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)事業の第1弾として、ホスティングサービス“α-MAIL(アルファメール)”を11月15日に開始すると発表した。

α-MAILは、独自ドメイン名の取得を代行し、メールサーバーやウェブサーバーなどの環境を、同社の運営するプロバイダー“α-Web”を利用して提供するサービス。同社はホスティングセンターを設置するほか、運用に関する問い合わせについては、365日対応の専用テレホンサポートセンターを新設して対応するとしている。サーバーの管理は(株)アルファネットに委託し、24時間有人で行なう。

基本サービスは、独自ドメイン名の取得、50個単位で発行・追加できるメールアカウント(ディスク容量は100MB)、ホームページ用ディスクスペース(10MBまで無料、追加10MBごとに月額2000円)など。オプションでメーリングリスト(月額2000円)やホームページ作成などのサービスも提供するという。

価格は初期申し込み費用が3万円、月額利用料金が1万円、最低利用期間は1ヵ月となる。同社では、2000年末までに3万社を目標にサービスを開始するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン