このページの本文へ

エフ・アイ・シー販売、月額2140円で36回払いのデスクトップパソコンを販売

1999年11月12日 00時00分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エフ・アイ・シー販売(株)は11日、月額2040円×36ヵ月でデスクトップパソコンを販売するサービスを発表した。対象となるマシンはK6-2-450MHz搭載のデスクトップパソコン『CTO FreePC399』で、台湾ADI社製15インチCRTディスプレーが付属する。購入希望者は、2万円の申し込み料金を払った上で、一括払いもしくは36ヵ月の分割払いでハードの料金を支払う。金利はゼロ。同社サイトおよび電話・FAXで申し込みを受け付ける。出荷開始は12月1日。

『CTO FreePC399』
『CTO FreePC399』



『CTO FreePC399』の基本スペックは以下のとおり。また、BTOサービス*や、納品後のスペックのアップグレードサービスが用意されている。いずれも料金が別途必要。

CPUはK6-2-450MHzを搭載。メモリーに64MB SDRAM、HDDに8.4GB(Ultra ATA接続)を搭載する。チップセットは台湾Silicon Integrated Systems社のSiS530。グラフィックシステムはSiS内蔵のビデオ機能を利用し、VRAMは4MB。補助記憶装置として、FDDと最大40倍速のCD-ROMドライブを搭載する。インターフェースは、パラレル×1、シリアル×2、USB×2。56kbpsモデム(V.90/K56flex対応)を内蔵。本体のサイズは幅180×奥行き400×高さ360mm。本体の保証期間は3年間で、10万円以下のクラスとしては比較的長い。

*BTOサービスとしては、メモリーの64MB追加(1万円)から、640MB MOドライブの装着(3万9800円)、CD-RWドライブの装着(3万1000円)など8メニューが用意されている

また、購入者全員にウェブブラウザーを使った無償電子メールサービス“CTO Mail”のIDが発行され、設定を済ませた状態で工場から出荷する。

同社は、クレジットでの支払いを希望するユーザーに対し、(株)オリエントコーポレーションと提携しクレジットカード“CTOカード”を設け、同カードでの支払いを推奨する。VISA/Master/JCBなど大手クレジットカードであれば、それを使用することもできる。

また、日本テレコム(株)のプロバイダーサービス“ODN”契約を推奨し、マシン購入時にODNの契約を希望した場合、月々の基本使用料のみでインターネット接続無制限のサービスを受けることができる。

申し込み料金は2万円で、その後の料金コースは4つ。いずれも36ヵ月契約で、月々の支払いの額は以下のとおり。カッコ内は一括払いの金額(申し込み料金含まず)。

・CTOカード作成とODNを契約:2040円+ODN接続料1950円(一括の場合14万3640円)
・CTOカード作成のみ契約:2140円(一括の場合7万7040円)
・ODNのみ契約:2240円+ODN接続料1950円(一括の場合15万840円)
・CTOカードは作らずODNも契約しない:2340円(一括の場合8万4240円)

ODNを中途解約した場合は、ハード代金のみ支払いが継続することになる

エフ・アイ・シー社長の蔡永桂氏
エフ・アイ・シー社長の蔡永桂氏



同社社長の蔡永桂氏は、同モデルの販売目標について、「コンシューマーを中心に、2000年3月までに1万台の契約を目指す」と語った。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン