このページの本文へ

【お知らせ】好調、e-sekaiのインターネットドラマ--吉野紗香主演の『グラウエンの鳥籠』がミリオンヒットを突破

1999年11月10日 00時00分更新

文● 池田英世(formationさくら)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アスキーイーシーが運営する総合ECサイト“e-sekai”にて、1日1分ずつ毎日放送されているインターネット連続ドラマ『グラウエンの鳥籠』が、順調にアクセス数を伸ばし、ミリオンヒットを突破している。

人気タレントの吉野紗香が主演するこの『グラウエンの鳥籠』は、一癖も二癖もある住人ばかりが住まう郊外のマンション“グラウエン・ハイム”を舞台に繰り広げられる猟奇殺人事件を描いた連続ドラマで、毎日1分ずつ、365日間に渡って配信される。

第1話の配信が'99年10月1日だったので、最終話を観られるのは2000年9月30日という先の長い話だが、綿密に組み上げられたシナリオ/構成は秀逸で、1分あまりの尺の中にも毎回見せ場が登場、決して視聴者を飽きさせることなく次回への期待を盛り上げてくれる。
仮に途中数回分を見逃したとしても、“グラウエン・メンバー”に登録(登録料は無料。手続きも極めて簡単)することで、いつでも好きなときにバックナンバーを視聴することが可能だ。ある程度まとめて観たいというファンは、週に1度、あるいは月に1度まとめて観るという楽しみ方もできる。

視聴方法もさまざまで、Windows Media Player用、あるいはReal Player G2用といったストリーミングデータのほかに、データをダウンロードして楽しみたいユーザーのためのQuickTime4、Windows Media Player用のmov、asfファイルが用意されている。

ドリームキャストのユーザーなら、GD-ROM版『グラウエンの鳥籠』(発売元:(株)セガ・エンタープライゼス/2ヵ月に1度発売、全6巻構成で1巻2800円)を購入することで、より高画質な映像と、吉野紗香のインタビュー等の映像特典を堪能できる。

螢雪次郎、大熊範彦、桜金造、杉田かおる、寺田農など、脇を固める役者も個性的で魅力たっぷりな面々だが、このドラマのポイントはなんといっても主演の吉野紗香にある。長い黒髪とセーラー服に身を包み、その魅力的な唇で毎回どんなセリフを発するのか? 今夜もグラウエン・ハイムは謎と悲鳴を呼び込む……。



また、10月22日に発売されたフォトブック『吉野紗香グラウエンの鳥籠フォトブック』の刊行を記念し、11月14日の13時から、東京/銀座の『福家書店 銀座店』で、吉野紗香のサイン本販売&握手会が行なわれる。本物の吉野紗香に会いたいファンには朗報だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン