このページの本文へ

ATIテクノロジーズ、2個のグラフィックチップを搭載したグラフィックカード『RAGE Fury MAXX』を発売

1999年11月10日 00時00分更新

文● 編集部 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ATIテクノロジーズジャパン(株)は8日、カナダATIテクノロジーズ社が、同社グラフィックカードの最上位モデルにあたる『RAGE Fury MAXX』を発売すると発表した。



RAGE Fury MAXXは、同社製のグラフィックチップ『RAGE 128 Pro』を2個搭載し、64MBのVRAMを備えている。2個のチップで交互にグラフィック処理を並列処理することで、レンダリングの負荷を半減させているという。これにより、テクスチャーを毎秒5億ピクセルを表示できるという。

北米での発売は'99年第4半期で、価格は299ドル(約3万1300円)。日本での発売は、2000年1月または2月を予定している。価格はオープンプライスだが、同社による推定小売価格は3万円前後という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン