このページの本文へ

キヤノン、Adobe Acrobat 4.0のフォント埋め込み機能に対応した書体ソフトを発売

1999年11月10日 00時00分更新

文● 編集部 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノン(株)は、8日、アドビシステムズ社の『Adobe Acrobat 4.0』のフォント埋め込み機能に対応したTrueTypeフォントパッケージCD-ROM『FontGallery(フォントギャラリー) Deluxe CD Super』と、同機能に対応したフォント簡易作成ソフトウェア『TypeCraft(タイプクラフト) for Windows Ver.3.2』を11月15日に発売すると発表した。

『FontGallery Deluxe CD Super』は、アドビシステムズ社の文書作成・閲覧ソフト『Adobe Acrobat 4.0』のフォント埋め込み機能に対応し、収録されているWindows版TrueTypeフォントを、同ソフトで作成したPDF(Portable Document Format)ファイルにそのまま使用することができる。これにより、同じフォントがインストールされていないコンピューターでも、作成したままの体裁で閲覧することが可能。
CD-ROMには、Windows用に和文通常書体85書体、かな書体63書体、欧文書体100書体、イラスト2書体(イラスト総数1,306点)、かな書体組み替え用ユーティリティソフト『FontComposer』と、機能限定したフォント簡易作成ソフト『TypeCraft Ver.3.1 Lite』が収録されている。Macintosh用には和文通常書体75書体、欧文書体100書体、イラスト2書体(イラスト総数1,306点)を収録。
Windows 98/95/NT 4.0、Mac OS 8.6/8.5/8.1/8.0/7.6、漢字Talk7.5/7.1に対応したハイブリッドCD-ROMで提供され、価格は1万2800円。

一方の『TypeCraft for Windows Ver.3.2』は、TrueTypeフォント、書体従属外字、システム外字の作成が可能なソフトウェア。今回新たに『Adobe Acrobat 4.0』のフォント埋め込み機能に対応したフォントやイラストの作成、作成したフォントをPDFファイルに使用することを可能とした。また1つのフォントファイルに約9,000字を登録することができる。
商品には同ソフトのほかに、FontGallery和文通常書体20書体、かな書体28書体、かな書体組み替えユーティリティソフト『FontComposer』、TypeCraft用ファイル形式で和文通常書体20書体に対応した記号約500種類も同梱。
対応OSは、Windows 98/95/NT 4.0。価格が1万2800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン