このページの本文へ

マイクロソフト、Windows 2000対応のアプリケーション開発ツール『Microsoft Visual Studio 6.0 Plus Pack』日本語版を12月中旬に提供開始

1999年11月10日 00時00分更新

文● 編集部 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は8日、Windows 2000対応のアプリケーション開発ツール『Microsoft Visual Studio 6.0 Plus Pack』日本語版を12月中旬に提供すると発表した。

これは、アプリケーション開発ツール『Microsoft Visual Studio 6.0』ファミリー製品の追加コンポーネントで、Windows 2000に対応したアプリケーションを開発するもの。

Visual Studio 6.0 Plus Packには、Windows 2000対応のアプリケーションおよびCOM+の複数階層ソリューションを構築するためのツール“Windows 2000 Developer's Readiness Kit”、Windows 2000のインストーラーをベースとしたセットアップ作成ツール“Visual Studio Installer”などが含まれる。また、開発者向けの情報提供サービス“MSDN Library サブスクリプション”が1年間無料となるクーポン、『Microsoft SQL Server 7.0 Developer Edition』やMSDE(Microsoft Data Engine)のサポートなども提供される。

対象は、Visual Studio 6.0ファミリー製品(Professional EditionまたはEnterprise Edition)の登録ユーザーとMSDN(マイクロソフトデベロッパーネットワーク)会員となる。Visual Studio 6.0 Enterprise Editionの登録ユーザーやMSDN会員には、Visual Studio Plus PackのCD-ROMセットが自動的に送付される。そのほかの同ファミリー製品の登録ユーザーは、同社にファクスで申し込むことにより、有料で入手することができる。価格は5250円。

なお、上記したコンポーネントの1つである“Visual Studio Installer”は、同社のウェブサイトから無償でダウンロードすることもできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン