このページの本文へ

【COMDEX / Japan '99 レポート Vol.6】動物をモチーフにしたPCケースが登場

1999年11月09日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

韓国のユニークな製品たち

インターナショナルゾーンでは、韓国のさまざまなメーカーがハードウェア/ソフトウェア製品を展示している。

Sung Min社は、動物をモチーフにしたユニークなPCケースを出展。



国内の販売代理店は(株)達城で、現在ペンギンモデルが秋葉原のショップなど1万円前後で販売されている。ペンギンのケースを使って高性能スペックのマシンを自作したいというマニアが購入していくらしい。また子ども用のマシンに買っていくお父さんも多いとか。このペンギンモデルが好評なため、2000年第1四半期には、犬モデルや猫モデルも発売するという。



上の写真にある円錐型の製品はNostrum-Geiss Technologies社のハンズフリー電話『PEAK PHONE II』。パソコンを操作しながら電話に出られるというもので、受話器がわりにイヤホンを装着して利用する。電話がかかってきた場合は、円錐のトップにある銀色の部分を押すと、電話を受けられる。

このハンズフリー電話機能をキーボードに搭載した製品が下の写真の『TELEBOARD』だ。


キーボードに電話用のダイヤルとボタン、回線用のジャック装備されている。パソコンを操作中に電話がかかってくるとキーボードのランプが点灯、電話用の専用ボタンを押すと電話を受けられるという。

ワインの試飲コーナーも登場

ピーロート・ジャパン(株)のブースでは、なんとワインの試飲が可能。同社はワイン輸入業者で、さまざまなイベント会場でこのような試飲コーナーを設け、個人ユーザーに世界各国の輸入ワインを紹介しているという。気に入ったワインがあればケース単位で購入も可能。

会場回りに疲れたらどうぞ
会場回りに疲れたらどうぞ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン