このページの本文へ

独禁法訴訟において連邦地裁が事実認定を公表、それに対して米マイクロソフト社が声明を発表

1999年11月08日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

現地時間の11月5日、米司法省が米マイクロソフト社を反トラスト法で提訴した独禁法訴訟において、ワシントン連邦地裁が事実認定を公表した。これはマイクロソフト社の反論を退けたもので、これにより今後下される第一審判決でのマイクロソフト社の敗訴が濃厚になった。それを受け、同日、米マイクロソフト社は以下の内容の声明を発表した。

「事実認定はソフトウェア産業の競争および技術革新を正しく反映していない。競争および技術革新のおかげで、消費者は市場で最高の製品を選択することができる。
この産業は競争が激しく、技術革新も盛んである。そのため地位を保証された会社というものはない。マイクロソフト社は消費者の声をよく聞き、彼らのニーズに応えるよう技術革新を続けてきた。その結果がマイクロソフト社製品の独占的人気である(事実認定第408節では、消費者がマイクロソフト社から利益を享受していることを述べている)。
1日も早くこの問題を解決する方向でいるが、最終的には米国司法制度がマイクロソフト社の主張、技術革新の理念を認めてくれるものと信じている」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン