このページの本文へ

NTTソフトウェア、オンラインショッピングモール“BaySide”で物販を開始

1999年11月05日 00時00分更新

文● 編集部 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NTTソフトウェア(株)は4日、同社が運営するオンラインショッピングモール“BaySide”で物品販売を11月30日に開始すると発表した。同サイトは、デジタルコンテンツのダウンロード販売に続き、EC(電子商取引)での物品販売を希望する企業に“電子商店開設の場所(オンラインショッピングモール)”を提供する。これにより、同サイトは、7月16日からの試験運用を終え、正式なサービスの開始となる。

販売形態には、ブティック型とショップ型が用意されている。ブティック型は、企業のウェブサイトからBaySideにリンクを張り、BaySideの決済システムを利用するもので、独自性を打ち出したい企業やウェブサイトを所有している企業向け。ショップ型は、BaySideが用意したモールに出店する形態。こちらは、ホームページのデザインに雛型があるため、デザインの自由度は低いものとなっている。同形態は、生活に密着した多数の商品を扱う企業向けと同社では位置付けている。

決済方法はどちらもクレジットカードを利用し、24時間リアルタイムで処理できる。価格は、売上の15パーセントにクレジットカードの決済手数料ほかを加えたもの。なお、ブティック型ではさらに、初期設定費用、維持費用やカスタマイズ料金などが加算される。この費用に関しては、ケース・バイ・ケースとなる。

オンラインショッピングモール“BaySide”
オンラインショッピングモール“BaySide”

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン