このページの本文へ

ディーアンドディー、オンラインショップ向けにセブンイレブンを利用する代金収納の代行サービスを開始

1999年11月05日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ディーアンドディーが運営するオンラインショップ“ねっと de しょっぷ”は、4日、インターネットショッピングによる商品購入代金の支払いを、全国約8000店舗のセブンイレブンを利用して受け付ける、オンラインショップ向けの収納代行サービスを、11月24日に開始すると発表した。

このサービスは、請求書や振込票の作成・発送作業が不要なため、ショップにとってローコストな運用が可能になり、専門知識も必要としないのが特徴という。500円の月額利用料のほか、収納金額に応じ設定された手数料が1件ごとに必要となる。利用者が店舗で代金を支払ってから15分程度で収納状況がわかる“リアルタイム照合”方式を採用したことにより、最短12日で販売代金の回収ができるという。

利用対象者は、法人または個人経営のインターネットショップなど。来年4月までにインターネットショップ1000店舗に対して提供する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン