このページの本文へ

アクト・ツー、Mac用のMP3ソフト『MacMP3』の無償アップグレードを開始

1999年11月05日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アクト・ツーは、Macintosh用のMP3エンコーダー/プレーヤーソフト『MacMP3』をバージョン1.1にアップグレードした。バージョン1.0を所有しているユーザーは同製品のオフィシャルサイトよりアップデータを無償で入手できる。

前バージョンからの変更点は、プレーヤー部分では、フェイス(インターフェース部分)の種類を増やし、イコライザーに“Disco”“Jazz”などをはじめとする数種類のプリセットを追加、複数のプレイリスト管理を可能にしたほか、CD-ROMドライブのないPowerBookでCD-ROMドライブを接続しないと起動しない旧仕様の修正など。
エンコーダー部分では、CDエクストラ(エンハンスドCD)からのエンコードのサポート、MacMP3エンコーダーからCD情報を取得する際のCDDB(オーディオCDのタイトルやアーティストの名前を登録してているデータベース)への接続や情報取得方法の仕様を変更し、よりスムーズにCDタイトルや曲名、アーティスト名などを自動取得できるようになったという。

同社では、今後、ベロシティーエンジンへの対応、Rioなどの携帯プレーヤーへの対応などにも力を入れていくとしている。

同製品は、9月7日の発売以来、初回1万本に限って通常価格の1万2800円をキャンペーン価格の9800円で販売したところ、1ヵ月弱で完売したため、現在“MacMP3 ありがとうキャンペーン”として1万本を追加、同価格で販売しているという。

【関連記事】
“アクト・ツー、Mac用のMP3エンコーダー/プレーヤー『MacMP3』を発表”
 http://www.ascii.co.jp/ascii24/call.cgi?file=issue/1999/0805/
soft06.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン