このページの本文へ

NTTデータ、B to B向けECビジネスを実現するためのパッケージ『i.commerce sellside』の販売を開始

1999年11月04日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)は1日、企業間(B to B)の電子商取引(EC)ビジネスを実現するためのパッケージ『i.commerce sellside(アイコマース・セルサイド)』の販売を同日開始したと発表した。インターネットを利用して、企業向け商品を販売しようとする中規模以上の企業を対象に、B to BのECサイトに必要な機能をオールインワンで提供する。価格はパッケージ本体が1000万円。

B to Bに特化した機能としては、取引先企業の社内稟議を、ウェブブラウザーだけでサポートするワークフロー機能や、取引先企業別に異なる商品価格を設定する機能など。バックエンド機能としては、ECサイトの運営を支援する機能、Web-EDIによるサプライヤー企業への受発注機能、取引先企業の社内システムとの連携機能などを備えている。取引先企業は特別なソフトを導入しなくてもウェブブラウザーだけで商品の注文を行なえる。また、Javaで作成されているため、Windows NTからUNIXまでいずれのプラットフォームでも運用が可能。販売およびSIにはパートナー制度を導入する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン