このページの本文へ

インターキュー、IP接続サービスに対応した料金プランの提供を開始

1999年11月04日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インターキュー(株)は1日、NTT東日本とNTT西日本がインターネット常時接続サービスの“IP接続サービス”を1日から試験提供を開始したことに対応し、新たな料金プランを設定したと発表した。

今回提供されるのは、一般会員向けの“interQ MEMBERS IPアクセス プラン”と、法人会員向けの“interQ OFFICE IPアクセス プラン”の2種類。基本料金は1850円で、150時間までの利用料金が含まれる。150時間を超過した場合、1分3円の超過料金が必要となるが、上限は4900円まででそれ以上は課金されない。利用の際は、NTT東日本・NTT西日本のINSネット基本料金とIP通信網サービスの利用料が別途必要になる。

IP接続サービスは、NTT東日本および、NTT西日本が試験提供を行なっているインターネット常時接続サービスで、現在、東京都新宿区、大田区、渋谷区、大阪市中央区、北区、吹田市の6地域で提供されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン