このページの本文へ

インターサーブ、ショッピングサイト構築ソフト『e-shop』を発表

1999年11月02日 00時00分更新

文● 編集部 小林伸也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターサーブは、インターネット上にショッピングサイトを構築するソフト『e-shop』を発表した。トップページや商品掲載ページのデザインから決済、顧客情報の管理といった、ショッピングサイトの開設と運営に必要なソフトがワンパッケージにまとめられており、インターネットビジネスへの新規参入がスムーズに行なえるという。価格は498万円。

店舗レイアウト作成画面 店舗レイアウト作成画面



e-shopの対応OSはWindows NT 4.0だが、サイトの構築やメンテナンスはブラウザー上から行なえるのが特徴だ。店舗の顔となるウェブページのデザインは、あらかじめ用意されたデザインをウィザード形式で選択して作成することが可能。商品登録では“商品管理ページ”を開き、商品名や説明文、価格情報などを入力。CSV型式のファイルを読み込んで一括登録することも可能だ。

登録した商品は画像データごとウェブに登録。クリックすると詳細説明ページにジャンプさせることもできる。決済方式は代金引換、各社クレジットカードなど主要な方式に対応する。買い物額に応じて割引を行なう“ポイント還元”も設定可能で、販売戦略に応じた店舗作りが可能という。

“売上確認ページ”では、商品カテゴリー別、支払方法別に売上情報をグラフ表示することも可能。顧客情報を管理するデータベース機能も備え、顧客が商品購入時に入力したデータを基に、“30代の女性”“5万円以上買い物をしたことがある20代の男性”といった絞り込みを行ない、ターゲットに応じた広告メールを一斉に送るという機能も持つ。セキュリティー対策にはSSLを採用している。

同社はシステム開発などを手がけるベンチャー企業で、自らオンラインショッピングサイト『Chaos Mart』を開設、運営している。ソフトのユーザーに対しては、同社が得たノウハウを生かしてマーケティングサービスも有料で提供。自前でサーバーを運営できないユーザーにはサーバーの貸し出しも行なう。

e-shopを発表する岡本社長 e-shopを発表する岡本社長



発表会では、同社社長の岡本篤氏が、「1年前、インターネットでモノが売れるか、と言われた時代にChaos Martを立ち上げ、色々な経験をした。e-shopの開発では、我々がサイト運営で得た経験とノウハウを生かした」と語った。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン